<さあ、全日本終了して二郎君の出番です!!>

お兄ちゃんの全日本全戦がすべて終了して、今度は二郎君が真剣に勝負する出番です。

・今週の日曜、11月2日の新潟県佐渡ツーリングトライアル
・来週の日曜、11月9日の広島県庄原市水源の森ツーリングトライアル

の2連ちゃんです。

近畿選手権国際B級クラス2連勝したスコルパTY-S125Fは、輸入車ですから保安部品をつければ当然公道仕様ですね。二郎君はもちろん、乗り慣れたこのバイクを持ち込み走ります。

お兄ちゃんは、主催者側が用意したTY-S125Fに乗ります。だいたい、クラッチが切れない、ブレーキが利かない、回転が上がらないの三重苦仕様。

いつもの練習で時々、二郎君の125を二人で交代で乗ってセクションやっていますけど、だいたい引き分ける125乗りの二郎君の腕前です。

全日本最終戦SUGOから帰ってきて、どっこも壊れていないお兄ちゃんのバイクは洗車だけすませてほっぽらかし。自分のバイクを公道仕様に一日かけて、お兄ちゃんのバイク以上に丁寧に仕上げていました。

クラッチも滑り始めていると、近畿選手権の時は交換しなかったクラッチフリクション板とクラッチ鉄板を交換しています。もちろんエンジンオイルやエアークリーナースポンジも交換ですね。当然、プラグも交換。


*公道仕様にした二郎君号125を前に記念撮影です。


*自宅の庭にある前後サスペンションテストセクションでさっそく出来具合を確認します。


*後ろブレーを「チョンチョン」と踏む微妙なコントロールで、フロントをゆっくりおろします。やや余裕気味の顔つきですね。

お兄ちゃんが勝つか二郎君が勝つか、とても楽しみな佐渡と水源の森ツートラなのである。