<TY-S125F/オイル排出ドレン穴の凹み修理法の巻>

純正ドレンボルトは、確か鉄ボルトだと思いました。でも、このドレンボルトは、前オーナーがどこかのトライアルショップから買ったアルミドレンボルトがついています。

二郎君、ステアケースをガンガン攻めますと、このドレン穴が「アルミのボルトごと」写真のように下側が凹んできまして、気が付けば「アルミドレンボルトの穴付き六角」も変形してしまい、もうはずす事が出来なくなりました。

オイル交換は、反対側のフライホイルカバーをはずすとかで可能ですが、何はともあれこのドレン穴を復活させるのがイの一番です。

この半分つぶれたアルミドレンボルトを、まずは取り去るというよりも、削り取る事から始めます。

穴をあける場合、民間人が思いつくのは写真のようなごくフツーのドリルですね。

このドリルで正しく穴をあける場合は、必ずセンターポンチというか、ドリルが進んでいく目安となる、小さなセンター穴を先に開ける必要があります。

でも最初の写真のような、ゆがんでしまい、どこが穴の中心か分からない場合はこのドリルは使えません。

この場合は、センター穴なしでいきなり正しくまっすぐに掘り進んでいく事が可能なエンドミルという道具があります。

このエンドミルの先っぽは、ドリルのように左右が斜めになっておらず、横から見てほぼ平行です。

ドリルは穴を掘る感じで進みますが、エンドミルは穴を削りながら進みます。

ドリルは横へ動かしても横は削れません。でもエンドミルは、横へもグングン削れます。

写真の2枚刃は穴あけメイン、4枚刃は横削りメインの目的です。

ドリルと同じく、たくさんの種類サイズのエンドミルがあります。

ちなみに我が社にある一番大きなドリルは35ミリ径のこれです。

反対に一番小さなドリルは0.35ミリ径のこれです。これはもう、切れ味が落ちたら研ぎなおす事は不可能で、新品交換しか手だてはありません。

こんな小さなドリルは何に使うのでしょうか。キャブレターのパイロットジェット空気通過穴の変更とか、リアクッションのオイル通路穴の変更とかですね。

この極細ドリルは、もちろんボール盤とか手で持つ電気ドリルでは使いません。専用のアダプターをつけて手回しで穴をあけます。まあ、大工さんのキリと同じです。

フライス盤にクランクケース片側をしっかりと固定して、穴の内径より少し小さな2枚刃エンドミルで、まずはアルミドレンボルトを削り取ります。

この時に、エンドミルの位置を正しく元のドレン穴の中心に持っていくのは「感と度胸」ですね。

ひたすら穴をあけるのではなくて、時々、エンドミルを上下させて中にたまっている切り子を取り除きながら穴あけ作業をします。

これをしないと、穴径が予想よりも大きくなってしまいますし、穴壁がきたなく仕上がります。

向こうへ貫通し、アルミドレンボルトは削り取られ消滅しました。

あとは、12-P1.75のタップをたててネジ山を修正させて穴の修理は完了です。

もちろん、ネジ穴用のタップも粗タップ→中タップ→仕上げタップの順に使い、丁寧にぼけたネジ穴を修正していきます。

純正の鉄製ボルトをつけておれば、クランクケース穴の下側はそうは変形しなかったはず。で、鉄製ドレンボルトを自作しました。

12ミリの六角ボルトそのままでは、重すぎますし、六角部分が厚すぎます。このように六角部分の、中央部分を穴開けし軽量化、六角部分先っぽがアンダーガードに当たる可能性があるので、12のボックスがぎりぎり引っかかるくらいまでとんがりを削りました。

このボルトで何かを締め付けるには、締め付けるソケットレンチに引っかかる部分が少しですので強度的に不安。でも、このボルトは自分自身がはずれない締め付けトルクで十分だから、これでOKです。

ネジ部分の奥側には、つぶれたアルミドレンボルトに付いていた磁石を取り出し、このように鉄ドレンボルトに移植しました。

修正したネジ穴に取付けた自家製ドレンボルトです。

本当は、穴あき六角キャップボルトで作ればいいんですが、当社にはなかったんで、とりあえず六角ボルトになりました。

でも、六角部分を少し削りましたので、六角外周は穴外周と同じに収まりました。

(結論)

このボルトは鉄製がベストです。アルミドレンボルトに交換すると、一番始めの写真の状態になる可能性があります。

鉄ボルトそのままだから重く感じるだけで、今回のように鉄ボルトも肉抜きしてやると、アルミとそうは変わらない重さになりますね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
イチロより