<クランクケース底部にある凸部の改良の巻>

TY-S125Fのアンダーガードをはずしますと、このようにデベソの凸部が出ています。この125エンジンは汎用エンジン(何にでも使えるエンジン)ですので、廃オイルを排出する場合のドレン穴として、クランクケースの下に設計するのは当たり前ですね。

でも、エンデューロに使うとなると底にドレンボルトがあると、岩なんかに当たると具合が悪いので、この部分をふさいで左横に持っていったみたい。

下のドレン穴をふさぐ設計に、もう少し回りの高さと同じ高さにして設計してくれるといいんですが、見てのとおり何故かデベソになっているのです。

民間人でもすぐに出来る工作は、サンダーで削る事です。当然、すぐにやりました。風の便りに「削り過ぎると真ん中に穴があく」と聞いていましたので、まあこんなもんかのところでやめました。

高さを低く削りましたが、でもやっぱり打ち付けているみたいで写真でも分かる通り、左側が傾いていますよね。そして、傾いている側の付け根部分にうっすらですがクラックが入ってきたのです。

バラして横から確認してみますと、この通りクランクケースの内部空間部分に押し上げられていました。このままですと、いつかはクランクケース破損でクランクケース交換になります。

周囲と同じ高さに削りまして、アルゴン溶接する作戦ですのでサンダーで削り始めました。まずは、小さな円周のクラックが見え始めます。

かまわず、どんどん削りますと小さな円周のクラック部分がとれて穴があきました。だいたい穴があいた付近が周囲と同じか、少し高いくらいです。ピントがあまくてすみません。

周囲と同じ高さまでサンダーで削りまして、きれいにして上からアルゴン溶接をして完成。

スイングアームやアルミフレームは、始めから溶接をする目的のアルミ材料です。ですから、腕さえあればきれいに溶接する事が可能。でも、クランクケースはアルミの鋳物ですから、溶接は出来ますがきれいにはいきません。クランクケースによっては、ブクブクと泡立つ事もあります。写真の通りが、二郎君メカの精一杯の溶接技術です。

今回は、クランクケースをバラして単体にしてやりました。ですが、車載のままバイクを逆さまにしてこの作業が出来るのでしょうか。黒山選手がBetaTR35/50ccに乗っていた時、クランクケースの下にクラックが入ったので逆さまにして溶接をしたことがあります。可能でした。
この場合はコツがあります。

今回のようにクランクケース単体で溶接する時は、例えば連続で60秒かかったとします。車載の場合は、なるべく熱を他の部分に与えたくないので、10秒溶接肉盛りしてすぐにエアーで冷やします。冷えたらまた10秒溶接肉盛りしてすぐにエアーで冷やします。これ
を6回繰り返して穴をふさぐ溶接をするのです。

バイクを逆さまにして、エンジン底部を連続1分間アルゴン溶接しつづけるなんていう恐ろしい事はできませんね。

でもでも難しいのはアルゴン溶接でなくて、サンダーで削る時に穴があきそうな後、そこからまた削る時に、どうやってクランクケースの中にアルミ屑が入らないように削るかの方が難しいと思います。さて、どうやるのでしょうね。

イチロより